レコンセクレーション™️


私たち人類と地球を進化の道へと導くシャンバラ*のマスター、

サナトクマラと白山姫からもたらされる光のワーク。


― レコンセクレーション™️とは「再神聖化」を意味します。―


現在の地球システムと、私たち地上に生きるものの源・創造の母体とも言われるサナトクマラと白山姫。その彼らによる対極のもの(男性性と女性性など)を統合させるエネルギーによって、思い込みや信念、恐れ等のネガティブな感情など…知らず知らず身につけてしまい結果的に自分自身を縛ってしまっているものからの影響を外し、その人本来のピュアなエネルギー状態へと戻していくエネルギーワークです。またこのような性質は、地鎮や鎮魂という面においても大きな助けとなってくれるものです。



私たちが生きる“現実”を創り、それを動かしているのはエネルギーです。そしてその現実の中で、私たちが困難や不具合などに直面してしまう理由のひとつは、私たちが抱える恐れや不安などのネガティブな要素・情報を元に、各個人のシステムが“幻想”とも言える不都合な現実を現象化させてしまっているからと言うことができます。その“幻想の元となる情報”を纏ってしまっている状態のオーラ内のエネルギーを、サナトクマラと白山姫の統合エネルギーによって純化しながらその人自身の高い層・魂レベル部分へと一旦還し調和させ、不要なものが取り払われ本来の輝きを取り戻したエネルギーをその人の中心軸へと戻し、それによりその人本来の光のエネルギーをチャージ。それぞれの段階に応じた、新たな、ピュアで神聖なエネルギー状態へと還します。


また、メインの統合・還元のプロセスの前にはその準備として二段階の禊(浄化)を、そして最後には高次からの祝福と強力なグラウンディングがもたらされるのが特徴です。



サナトクマラと白山姫は、現在の地球システムを管理・運営しながら、地球と人類を進化させるべく導いている存在です。“人間”として生きる我々の魂レベルの父と母とも言え、彼らを含むシャンバラ*のマスターたちが編み上げたシステムの元で、現在も私たちは存在しています。オーラやチャクラという我々を構成するエネルギーシステムも、シリウス由来のシャンバラのマスターたちによって生み出されました。そういう意味で、私たち人類はシャンバラとは切っても切れない縁を持っているのです。彼らのエネルギーを受け入れ、そして積極的に繋がって行くことは、この地球上で創造性を発揮したり、調和の取れた生き方を目指すという意味においても、大きな意義があると言えるでしょう。

( * シリウス由来の光のシティ。マスターたちの拠点であり、地球上の別次元に存在するとされる。)


それぞれの段階に合った形で働きますので、エネルギーワーク初心者の方から、すでにレイキなどに慣れ親しんでいる方まで受けていただくことができます。


そしてレコンセクレーション™️を受けられた後、より深いソウルレベルの癒しである

アルガンザ・ジェネシスヒーリング™️へと進まれるのもおすすめです。

(→  その場合、レコンセクレーション™️のあと、自身の変化を見つめたり理解を深めるための“定着期間”を数週間程度設けたあと、次のジェネシスヒーリングへ進まれると良いかもしれません。)



セッション料金  :  11,000円

(2019年10月より料金が変更になります→詳しくはブログをご覧ください)

所要時間: 約1時間


→ お申し込みは 問い合わせ をご確認頂き、メールにてお願いいたします



『レコンセクレーション™️』はArganzaのAmariさんが創設されたエネルギーワークです。

Arganzaでのご紹介ページもぜひご覧下さい。


Arganzaオリジナルワーク認定者紹介ページ