* Energy work ∞ アークピュリティ *

プロフィール

Alph(アルフ)


1977年新潟県生まれ 乙女座 A型

・ウスイレイキサード修了
・カルナレイキ(R)プラクティショナー1&2修了
・ライタリアン™レイキ修了
クリスタル&エナジーワークサロン Arganza(横浜 青葉台)
・ヒーラーズカレッジ 第三期修了
・星巫女プロ専科 第一期修了
・セイキムレイキ プラクティショナー

*ご挨拶*

ご覧いただきありがとうございます!Alph(アルフ)と申します。
新潟県で生まれ育ち、大学は神奈川、東京で社会人として過ごしました。現在は再び新潟在住です。
 
レイキなどを学ぶことになったそもそものきっかけ、魂存在としての自分を考えるきっかけとなったのは『プレアデス+かく語りき』というチャネリング本でした。当時たまたま布ナプキンについて調べていて出会ったサイトで紹介されていて、本屋でペラっと試しにめくってみたのですが「んん?…怪しい?でも何だかよく知っている気がする…」とそのまま引き込まれてしまい、購入。今までの“当たり前”がずるっと剥がされ、自分の意識の範囲が変わっていくようでした。
やがてクリスタルやフラワーエッセンス、オーラソーマなど、メタフィジカルな世界観が自分の中で当たり前のものとなっていきました。

エネルギーワークとの出会い

エネルギーワークとの出会いは20代後半。知人の体験談を聞いて興味がわき、遠隔ワークを申し込んだのが初めての体験でした。

 

当時はレイキがどういうものなのかも全く知らず、エネルギーが遠隔で届くというのはどういう感じなんだろう?と無邪気にワクワクして申し込んでいました。そしてそれまで自分が、何故かはわからないけれど“漠然とした生きづらさ”を感じていたその理由が知りたくて、立て続けにいくつか受けることになりました。まだかすかな感覚でしたが、自分を取り巻くエネルギーや、魂としての自分を知るようになり、エネルギーワークに魅了されていきました。

自分で“こうだ”と思っている自分を遥かに越えた、広大な存在としての自分や、愛と癒しのエネルギーを注いでくれる宇宙存在たちへの興味が増していきました。

伝授を受けてから

 

エネルギーワークを“受ける側”として過ごしていたある時、前から気になっていた横浜のサロンArganzaでのヒーラーズカレッジ第三期生の募集を知ったことから、新潟から横浜まで通う形で、カレッジの参加要件でもあるウスイレイキの伝授を受けはじめました。

 

当時は実生活がとても大変な時期だったのですが、レイキが支えとなってくれ、本当に身に付けて良かったと感じることになりました。心配事ばかりで、けれど物理的には何もできることが無い状況の時に、空間をレイキのエネルギーで満たしたり、沸き上がる辛い思いひとつひとつにレイキで対処したりと、大変に助けられました。

私たちが経験する物事すべての奥には、それを生み出す要因となったエネルギー的背景があるといいます。その要因となったエネルギー自体に働きかけ、それを変換・または解放するエネルギーワークを知っていたことで、大変な経験はただ辛いだけのものではなく、自分を知り解放していくプロセスにもなりました。


エネルギーワークを通して

Arcpurityでは、宇宙由来の個性的なエネルギーによるワークを扱っています。

私自身もそうですが、スターシードとして・

宇宙由来の魂として地球に降り立った存在たちが自身を癒し、

そして目覚め、忘れかけていた持ち前の輝きを再び取り戻すために、

エネルギーワークに触れてみてください。

 

今必要とされている方に、

純粋な高い次元からの光が、たっぷりと注がれれますように…