シンセティック アクティヴェーション™️



「シンセティック・アクティヴェーション™️」は「ガイアコネクションwithヴァイアマス™️共に、かつて1つのワークとしてArganzaで提供されていたものです。それをエネルギー的な影響の大きさから(浄化作用などが強く出てくる場合がある等)別々のワークとして分けることになり、今に至ります。ですのでこれらは両方受けることによって、一連のイニシエーションとしての流れを生み出すワークとなっています。

すでにご紹介している「レコンセクレーション™️が意識やライトボディ上の情報の再神聖化と統合・囚われているものからの解放を促して、その結果パーソナリティー(人格)レベルの変容をもたらすワークであるのに対し、このシンセティックとガイアコネクションは更に奥の領域を扱います。
肉体レベルにもアプローチしながら、今地球で進行している“地球プロジェクト”
に我々を引き寄せ、それに参加させることとなった宇宙レベルのカルマや契約、
そしてソウルに刻まれてきた傷等々…「生命としての地球」を体現する
地球霊ガイア&ヴァイアマスと私たちの関係性の歴史とも言える部分を癒し、
共に進化し続ける道を行くための大きな助けとなることでしょう。大いなる地球の歴史の中に魂が組み込まれていくような体験の中で、残念ながら負うことになってしまった、これまで癒すことの出来なかった古い傷や契約など、様々なしがらみからの解放を行うことで、その人の魂が本来果たそうとしていた役割へと立ち戻らせていく…そんな働きをするワークです。

ですので、シンセティック・アクティヴェーション™️とガイアコネクションwithヴァイアマス™️という一連のワークによる自身の変容をしっかりと受け止めていくために、これらの前にはレコンセクレーション™️を受けて頂くことをおすすめしています。

*******

こちらのシンセティック・アクティヴェーション™️は、ガイアコネクションwithヴァイアマス™️のための準備とも言えるワーク。シンセティック(=総合的な)・アクティヴェーション(=活性化)という名前の通り、受ける方のエネルギーシステムを活性化し、ガイアコネクションのエネルギーを受けとるための土台造りを行うような工程でもあるため、
ガイアコネクションwithヴァイアマス™️を受けるには、その前にシンセティック・アクティヴェーション™️受けていただく必要があります。

(※シンセティックとガイアコネクションの間は、数日空ける程度がおすすめです。2つセットとも言えるワークなので、可能ならば連日で受けても大丈夫。あまり間を空け過ぎない方が良いようです。)

シンセティック・アクティヴェーション™️は青、赤、白のワークの三段階
で進行する半自動ワーク。マスター達の光線による、癒しや解放といった浄化の段階を経て、最後にはガイアコネクションwithヴァイアマス™️のための光のグリッドが築かれます。

*******  

《青のワーク》
セントジャーメインの青紫の光線によるワーク。私たちが普段生活していて、いつの間にか受けてしまっている“他者のエネルギーによる影響”を取り除き、その人本来のエネルギー的な静けさ・穏やかさを取り戻すような段階です。

《赤のワーク》
サナンダによる恐れの解放のためのワーク。ルビーレッドからマゼンタに変化する光がヘッドセンターから神経系を通って肉体の隅々にまで浸透し、外していく必要のある“恐れのパターンの解放”が行われます。そして恐れが蓄積している部分にも働きかけて行きます。個人レベルの恐れのパターンの解放が進んでいる方の場合は、さらに進んだ人類や民族といった、集合意識レベルの恐れの解放が進みます。

《白のワーク》
このシンセティック・アクティヴェーションの次のガイアコネクションwithヴァイアマスにおいて、ガイアとヴァイアマスのエネルギーをしっかりと受け入れることができるように、その土台となる光のグリッドを形成していく段階。シャンバラの白のワーク専用ルームから宇宙空間へと飛び出し、身体の周囲に高周波のネットワークのような光のグリッドが築かれ、シャンバラ主導で行われている地球の進化プロジェクトとの共鳴・連動が促進され、それによってさらに上のレベルの存在であるガイア&ヴァイアマスとしっかりと繋がることのできる準備が整います。



**☆***☆***☆***☆****☆**


☆現在、モニター料金として16,000円で受付中です。

(通常セッション料金:18,000円)



所要時間:1時間


→お申し込みはお問い合わせをご覧いただき、メールにてお願いいたします。



『シンセティック・アクティヴェーション™️』と『ガイアコネクションwithヴァイアマス™️』は

Arganzaのオリジナルワークです。Arganzaのご紹介ページもぜひご覧下さい。


*Arganzaワークの認定プラクティショナー紹介ページは→こちら